スポーツ

2010年2月27日 (土)

女子フィギュアスケート選手の活躍に感動!

日々感動を与え続けてくれているバンクーバー冬季オリンピック。昨日も女子フィギュアスケートでその感動のシーンが続きました。上位8位までに日本選手が3人全員入賞したのです。

浅田真央選手、鈴木明子選手は初めての五輪出場。安藤美姫選手は4年前のトリノ大会(15位)に続いて2度目の出場でした。

浅田真央選手は15歳当時の4年前、年齢制限でトリノ大会に出場できませんでした。私も、このページを立ち上げた直後に彼女が出場できないことを残念に思う記事(女子フィギア選手)を載せています。そのトリノ大会では、荒川静香選手が金メダル、村主章枝選手が4位と上位に日本人選手が入りました。荒川選手のイナバウアーは世界中の人々の視線を釘付けにしましたよね。浅田選手が出場できなかったトリノ大会で日本人選手が上位に入る活躍をしたことで、彼女自身、大きな自身と将来への希望を胸に抱いたのではないでしょうか。

今回の結果は皆さんご存知のとおり。私も会社の洗面所で独りワンセグで応援しました。声を殺して小さくガッツポーズ。悔しいと仰ってましたが、立派な銀メダルです。そして、4年後のソチ大会につながる金メダルです。

トリノ大会に続き、今回も日本選手が大活躍した女子フィギュアスケートでした。とても感動しました。今からエキシビジョンが楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2010年2月20日 (土)

日本選手の活躍に感動!(バンクーバー冬季オリンピック)

先週開会式が行われたバンクーバー冬季オリンピック。日本選手の活躍が熱いですね。本当に感動します。4年に一度のこの世界最高の舞台、やはり感動の格が違います。

開会早々、女子モーグルに出場した上村愛子選手。結果は4位でしたが、その前向きな姿勢に感動しました。ご本人も4位となって受けたインタビューでは、一段々々とおっしゃっておられました。1998年の長野大会で7位に入賞後、2002年ソルトレークシチーで6位、2006年トリノで5位。着実に最高位に近づいています。決して容易ではないメダルですが、前進するその姿勢に感動しました。涙も美しく、爽やかでした。感動をありがとうございました。

スピードスケートでは男子500mで長島圭一郎選手が銀、加藤条治選手が銅。2名が同種目で表彰台に!100分の1秒単位での着差を争うスピード競技に、応援している自分の体もなぜか前傾姿勢で左右に揺れてしまうのです。息を殺して応援しました。ちょうど会社の昼休み、携帯電話のワンセグで私は小さくガッツポーズをしました。そのような方々はたくさんいらしたのではないでしょうか。冷たい表情の上でもこのような熱い戦いがおこなわれていました。本当に感動しました。

そして、日本時間の昨日行われたフィギュアスケート男子のフリー演技。日本の高橋大輔選手の涙にも感動しました。足を負傷してからの奇跡的な復活を遂げ、日本選手権で優勝。そしてこのバンクーバーにて銅メダル。日本人男子選手3名が8位以内に入賞という快挙でした。皆さんまだ次の冬季五輪でも十分に活躍できる年齢です。

寒い日々が続いていますが、熱い活躍に勇気と感動をいただきました。日本だけでなく国を超えて活躍されている選手の皆さんに感動です。

まだまだ競技はこれからも行われます。まだまだ眠れない夜が続きそうですね。明日からも声をからして応援します!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月13日 (土)

バンクーバー冬季五輪が開幕しました!

本日、カナダのバンクーバーで冬季オリンピックsnowが開幕しました!

本当に、楽しみですね。楽しみな種目ばかりが日々続きます。若い世代からアラフォー世代まで、大ベテランから15歳の中学生まで、幅広い年代の選手団です。

昨夜(というか今朝未明)も、スキーのジャンプノーマルヒル予選を見入ってしまいました。寝付こうと思ったときは、もう4時近かったです。

私の住む地域ではこの冬一番の寒さが到来していますが、テレビ越しに見る選手たちの活躍は熱いです。政治の世界では暗い話ばかりですから、オリンピックの話題が癒しになります。

現地と日本の時差は17時間。これからしばらく、寝不足な日々が続きそうです。本当に、楽しみですねgood

| | コメント (0) | トラックバック (0)