« 政治のことについて | トップページ | 米軍基地県外移設から翻った自民党国会議員 »

2013年12月 1日 (日)

最低でも県外

最低でも県外と発言していた当時のH首相は、政権発足後から程無くして翻りました。

要するに、実現すら到底困難だと思われることをあたかも実現させるかのように発言し、有権者を信じ込ませて信任を得て政権政党となり、自身は首相に就任しました。

言葉が悪いかもしれませんが、勉強不足では済まされない、県民を裏切った許されないことであります。

それこそ2009年の衆議院議員選挙で民主党に信任してくれた沖縄県の有権者一人一人に頭を下げて回り、嘉手納に自身が移り住んでその危険な状況を自ら体験して問題解決するまで留まるくらいの意識がなければだめだと思いました。

既に政治家の地位から離れているわけですが、県民への謝罪と最低でも県外と発した自らの言葉を戒める行動をこれからのライフワークとして過ごしてほしいです。

このようなリーダーを国政に送り込んだ民主党も決して許されることではありません。

|

« 政治のことについて | トップページ | 米軍基地県外移設から翻った自民党国会議員 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/13529/54111037

この記事へのトラックバック一覧です: 最低でも県外:

« 政治のことについて | トップページ | 米軍基地県外移設から翻った自民党国会議員 »