« 少しずつ | トップページ | ずっと地獄でした »

2013年11月23日 (土)

つまり、「生還」なのです。

久しく間が空いていた理由は、あまり明かしたくないのですが、2011年3月から程無くして以降、私の人生に大きな十字架を背負うことが起こったのです。

私はずっとそれを背負い続けてきました。もちろん、今でも解放されているとは思いません。むしろ、その十字架は重くなっているかもしれません。

でも、私は気持ち的にその重みから生還できたと思っています。十字架はしばらく背負い続けていかなければならないでしょうが、少しずつ重みを真正面から受け止められるようになりました。

だから、生還なのです。

|

« 少しずつ | トップページ | ずっと地獄でした »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/13529/54030121

この記事へのトラックバック一覧です: つまり、「生還」なのです。:

« 少しずつ | トップページ | ずっと地獄でした »