« 2009年2月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年3月

2009年3月 8日 (日)

【街の風景】タイガービルです。

Dsc03102 おっぺけぺーな私が開設するココログページ「おっぺけぺーな私です。」の掲載記事のうち、根強い人気のある記事に台東区蔵前の「タイガービル」があります。幾度か、このページ内でご紹介させていただきました(下町の風景(蔵前の近代建築物「タイガービル」。なぜランクインしなかったのか不思議。))。そこで、再び写真をご紹介しましょう。

Dsc03155 昨年の初夏、『アド街』で台東区蔵前が紹介されました。その際には登場しなかったのですが、その後の蔵前界隈の神社のお祭りに訪れた際に勇姿を拝見しました。

今回の写真は昨年秋のものです。夜の写真と昼の写真両方をご用意しました。

Dsc03103 いかがですか。電灯が照らす「タイガービル」という文字の美しさ。あたりがひっそりと暗くなっているのに、この文字だけは歩道の上に浮き上がって見えます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【田園風景】夏の鉄路

P1001436 昨年の夏。日本中、北京オリンピックに熱くなっていた頃、私は田園風景の中にいました。一般の方には夏休みの時期ですが、昨年の私には夏休みはありませんでした。そう、私の転職の時期でもあり、休みを消化中だったからです。

P1001437 水田の稲は青く茂り、その青さは太陽の光を浴びて反射しています。その横を走る電車が音を立てて通り過ぎていきました。都心では感じられない、田園風景の中での暑さでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【ぴったんこプラレール】相変わらずひっついています。

P1001572 久々にご紹介。以前も記事にしたぴったんこプラレールです(ちゃんとくっついています(ぴったんこプラレール))。相変わらず、我が家の冷蔵庫にぴったりと貼り付いていますよ。

冷蔵庫には息子の学校の連絡のプリントやら、ちょっとしたメモやら。いろいろなものを押さえてマグネットでひっついています。本当に役に立っていますよ。

P1001571 このシリーズ、この2種しか保有していません。これ以上、特に手に入れようとも思っていません。なぜなら、本当にハマってしまうかもしれないからです。鉄道模型やらBトレやらで、なおかつ、カププラ(N化方面へ)などで、既にいっぱいいっぱいなのですから。心も小さいのですかね。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

【ヤンニョンラーメン】日高屋へ行きました!

P1001566 久しぶりに日高屋へ出向きました。息子、娘を連れて。3人で行くのもそうですが、私自身も本当に久しぶりなのです。

入店早々、混雑しています。既に昼を過ぎ、13時を回っていた時間帯なのですが、店内は大盛況!日高屋さんを運営する、ハイデイ日高さんの業績は好調のようですね。不況知らずで躍進中。まさに、消費者の心を射止めたと言えるでしょう。しばらくして、ようやく席につけました。でも、カウンターでした。大賑わいなので、私も嬉しかったですね。

注文は、娘は相変わらず「お子様セット」、息子は大人メニューの味噌ラーメン。私は、というと、キムチ味の野菜たっぷり「ヤンニョンラーメン」です。辛いのですが、とても美味しいです。甘い野菜の味とうまく調和しています。

P1001563 このヤンニョンラーメンですが、冬季限定メニューのようです。とても美味しいです。2年前の冬にこのメニューがあるのを知りまして、それ以来、日高屋さんの冬メニューが楽しみでした。

外は寒かったこの日ですが、ヤンニョンラーメンで暖まりました。ちなみに、子供たちだけで餃子2人前をたいらげ、私は半ライスと生ビール2杯(!)を美味しくいただきました。昼間からでしたけど、ビールはとても美味しかったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 1日 (日)

【青梅鉄道公園の車輌たち 番外編】

青梅鉄道公園の番外編。今回はカテゴリーを鉄道と鉄道模型の複数設定しました。

Dsc03446 写真は、記念館1階にある「模型鉄道パノラマ」の操作盤です。16番ゲージのパノラマレイアウトがあり、1時間ごとに模型列車運転が行なわれます。休日には子供連れの家族で鈴なりになります。我が家も息子が幼稚園の頃までは、頻繁に訪れていましたので、模型列車運転には楽しい思い出ばかりです。

久しぶりに訪れたこの日は、時間の都合で模型列車運転はお目にかかれませんでした。次回に期待です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【青梅鉄道公園の車輌たち その⑨】青梅鉄道公園のシンボル「110形」蒸気機関車

Dsc03424_2 そして、青梅鉄道公園の保存車輌として、最も貴重な車輌をご紹介しましょう。110形蒸気機関車です。日本で最初に鉄道が開業した1872年10月、新橋~横浜間を走った車輌として、歴史的価値のある車輌です。

Dsc03423 1872年鉄道開業当時、英国製の10両の蒸気機関車が配置されましたが、開業当時から保存されている蒸気機関車は、さいたま市の鉄道博物館に保存されている1号機関車(150形蒸気機関車)と、青梅鉄道公園の110形蒸気機関車の2両しかありません。ですので、とても貴重な車輌として『鉄道記念物』に指定されています(ちなみに、150形蒸気機関車は重要文化財です)。

Dsc03431_2 この110形蒸気機関車ですが、青梅鉄道公園には開園当時から保存されているようですが、長いあいだ屋根の無い屋外に保存されてました。一方、150形蒸気機関車は、鉄道博物館に保存される前までは交通博物館に保存されていましたので、しっかりと屋根のある場所で展示されていました。

Dsc03425_3 私は、日本の鉄道開業当初から現存する2両しかない蒸気機関車にもかかわらず、保存状態にこれほどの差があることに疑問を感じておりました。その後、昨年5月のGWで青梅鉄道公園を再訪した際には屋根がついていましたので、保存状態はそれなりには改善されることでしょう(2008年GW到来!(青梅鉄道公園の鉄道記念物))。

Dsc03429 こうしてご紹介してきた青梅鉄道公園に保存されている車輌たちは、さいたま市の鉄道博物館に保存されている車輌とは簡単に比類できないほど貴重な車輌です。110形蒸気機関車のような鉄道開業時に走っていた車輌だけでなく、明治期から、大正、昭和に至るまでの車輌たちとまとめて見ることができるのです。それぞれの車輌を眺めていくと、鉄道の歴史を辿ることができます。日本の発展、戦後の復興を線路上から支えた車輌たちの姿をご覧いただければと思います。

既述の通り、青梅鉄道公園は改装されました。天気の良い休日は園内でお弁当を広げて楽しむ家族の姿や、一部の車輌では運転席に入れるものもありますので、とても開放的な場所だと思います。

入園料は100円!これから暖かい季節になりますので、ぜひ、おでかけください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年2月 | トップページ | 2009年7月 »