« 今頃どうしているのやら(かつての青梅の勇姿C515) | トップページ | アクセス17,000突破! »

2008年5月18日 (日)

やはりもう一工夫は必要ですね(カププラN化(?)のことで)

カププラのN化(?)を試みてみたものの、まだまだ車輌の完成度は甘いですね。というのは、車体の加工をほとんど施していないからです。

Pic_0147 この箱根登山鉄道のモハ(カププラ・箱鉄のNゲージ化(?)大作戦)、足回りを見てください。車輪が丸見え。台車らしさを出さなければいけません。Bトレの部品の中から調達が可能でしょうかね。あと、カププラ本体の足回りを取り外した際に出てきた妻板の『切れ目』の部分。これは、片方の妻板が綺麗に収まっているので、一方だけは施しが必要ですね。

Pic_0148それが言えるのは、EF58もそうです。このゴハチ、機関車だけに、オリジナル車輌のときの客車を牽引する側の連結器を取り外した跡が如実にあらわれてしまいます。こちらにはスカートらしきものがありません(写真ピンボケですみません)。

いずれも、車体そのものに手を加えなければならないですね。私の力では相当の努力を要します。とても難しそうに思えます。どなたか、教えてください。素人でも何とかこなせそうな方法を。

Pic_0146そんなことをよそに、またパイク(Myパイク 番外編その4)の上を走らせるのでした。

|

« 今頃どうしているのやら(かつての青梅の勇姿C515) | トップページ | アクセス17,000突破! »

「鉄道模型」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/13529/21018433

この記事へのトラックバック一覧です: やはりもう一工夫は必要ですね(カププラN化(?)のことで):

« 今頃どうしているのやら(かつての青梅の勇姿C515) | トップページ | アクセス17,000突破! »