« 遅すぎた観梅期2008年春①(やれやれ遠かった青梅) | トップページ | 遅すぎた観梅期2008年春③(梅だけじゃない青梅の良さ) »

2008年3月30日 (日)

遅すぎた観梅期2008年春②(ぜひ訪れてみたい手打ちそばの名店)

先週の青梅に観梅に出かけた際の続きであります。実は、ここ数年来、観梅の時期に青梅に出かけるつど、気になっているお店があります。手打ちそば「梅の内」さんです。「梅の内」と書いて、「めのうち」と読むのだそうです。

P1001113我が家が観梅に出かけるようになってから数年経ちますが、このお店があることを知ったのは、一昨年です。開店からは2年半ほど経っているようですね。民家を改造した店舗に隣接して、森月窯さんという、焼き物の工房があります。実は、2年前、この工房の焼き物を観梅で通りかかって購入した際に、この手打ち蕎麦屋さんがあることを知ったのです。大通りから観梅通りを入ったところにあるお店です。

我が家が観梅に出かける際に悩むのは、いつも到着の時間なのです。どんなに早く家を出ても、観梅スポットに到着するのはお昼ごろ。観梅が目的であるので、まずは車の中に篭っていた疲れを癒すために、歩いて体を動かします。しかも、観梅で気持ちも癒されるのです。

P1001114一昨年にお店の存在を知って、昨年も観梅に訪れた際には立ち寄ろうと思っていましたが、時間がなくてお店にうかがうことができませんでした。今年こそは、と思い、お店の前まで行ってみると、どうでしょう。大勢のお客さんが並んで待っています。大繁盛ですね。どれくらい待つのか見当もつかなかったことから、残念ながらあきらめました。やはり、今年も手打ちそばをいただくことができませんでした。

今度こそ、観梅期ではない季節に訪れたいと思います。とても、楽しみです。

|

« 遅すぎた観梅期2008年春①(やれやれ遠かった青梅) | トップページ | 遅すぎた観梅期2008年春③(梅だけじゃない青梅の良さ) »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/13529/11980311

この記事へのトラックバック一覧です: 遅すぎた観梅期2008年春②(ぜひ訪れてみたい手打ちそばの名店):

« 遅すぎた観梅期2008年春①(やれやれ遠かった青梅) | トップページ | 遅すぎた観梅期2008年春③(梅だけじゃない青梅の良さ) »