« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

2007年10月

2007年10月28日 (日)

鉄道博物館オープンの日に

P1000908この日は鉄道博物館の開館日。JR発足20周年を迎えるこの年の鉄道記念の大きな節目が博物館のオープン。同じ日に私は、かつての交通博物館の地にいた。善幸号が展示されていた場所の建物は線路のみが残り、解体作業が進んでいた。ただし、本館の建物には「交通博物館」の文字が見える。

P1000907中央線のレンガ造りのガードだけが交通博物館があったことをいつまでも思い出させてくれるようだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小春日和

P1000910_2夢の島へ。小春日和のこの日、家族4人でやって来た。とても気持ちがいい天気。競技場では大手コーヒーチェーンの会社の社内運動会、すり鉢場のドームでは、全国竹とんぼ競技大会が開かれていた。弁当を広げて食べている家族や、ランニングしている人、多くの人が訪れている。木場公園もそうだったが、この場所が23区内だとは・・・。

P1000911都心からあまり離れていないこの場所が埋め立てれた場所とは思えないほどの大自然。木々が茂り、23区内であることを忘れてしまうほどの環境だ。わが家は手弁当も持たず、少しの立ち寄りの気分でやってきたのだが、お腹がすいてきたので、暫しの急速の後、退散した。

P1000909空腹を満たしたのは、マックのセット。メガマックというものを初めて食べたが、満腹になった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月21日 (日)

カププラ・ゴハチのNゲージ化(?)大作戦

P1000901 いよいよ、カプセルプラレールのEF58に手をつけました。足回りをNゲージにしてしまおうということなのです。目的は、私の保有するパイクのレール上を走らせることです。とはいっても、私の未熟な技術や経験では、諸先輩のように、美しい完成イメージが創造できません。また、手の込んだ改造などは取り返しのつかない大失敗になりかねません。そこで、私は皆様にも安易に想像のつきやすい方法で足回りを履かせようと試みたのです。

P1000897 さて、まずはゴハチの足回りを外してしまいました。取り外したボディーの裏側から見ると、こんな感じです。プラスドライバーで簡単に取り外しが可能です。中央部には、ほんの気持ち程度ですが、ウェイトがついています。でも、このままでは、どんな足回りを使用しても、なかなか走らないだろうと想像できます。

P1000899 KATOのポケットラインの足回りをもってきて、装着を試みようと思いましたが、足回りのほうが長く、カプラーの前後をカットしなければなりません。せっかく購入したチビ客車用の動力装置なので、Bトレの路面電車シリーズにいずれ活用したいと思いました。やれやれ、と思っていたところ、いいものがあったのです。今思えば、これがジャストフィット(?)になったのです。津川洋行のHOナローDLシリーズの足周りを使用してはどうかと考えました。私のコレクションに一両だけあったのですが、それを一旦分解し、あてはめてみたところ、すんなり収まりそうだったのです。でも、これもせっかく購入したDLでしたので、これを流用することはあきらめました。そこで、もともと足回りだけの販売をしていた商品だったので、何とかこの足回りだけを購入できる手段を探しました。実際、この動力が単品で販売されたのが確か7~8年前でしたので、正直なところ動力だけの購入には少々苦労しました。全国のあらゆる模型店の在庫をネットで探せる限り探しつくし、一件だけ見つけることができたのです。

P1000898 こうして、ネットを通じてようやく手に入れた津川DLの動力をゴハチの足回りにする準備が整いました。ここからが大変でした。経験豊富な諸先輩方にはこの程度といったことでしょうね。ご覧の通り、足回りはモーターがアンバランスな位置にあるため、ゴハチのボディを動力装置にかぶせるには隙間だらけで、どうにもこうにも走らせるには難があると感じました。

P1000903 これを解消する手段がすぐには見つかりませんでしたので、いろいろと昔のTMS誌やネットのブログ記事などを拝見しました。大きな問題は、動力の位置がアンバランスなこと、ボティの割りに動力装置が小さすぎること、この2点です。あるページを拝見すると、ウェイトとして釣具の板錘(おもり)がとても役に立つということを知りました。早速、その週末に近所の釣具店へ直行。釣具店など、これまで入店したことなどありませんでした。値段もお手頃相応(税込800円~1,000円)でしたので、よくわからないまま800円のものを購入しました。

P1000904 これを適当な大きさに切り取り、ボディに埋め込むサイズに折り曲げていきました。幾つか同じものを作って、ボディの中に入れられるだけのウェイトを埋め込むように作業を進めると、なんとしっかりとした重量感ある車輌になるではありませんか。

P1000902 できあがりはこんな感じです。まだ、パイクの上に置いてみただけで、走行テストはしていません。すぐにバラバラにウェイトが外れてしまいそうなのです。今後、これをしっかりと固定することが、大きな私への課題です。どなたか、教えてください。

P1000900 それにしても、この板錘、とても便利ですね。感動しました。走行の確認は、また今度。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月 9日 (火)

フリーマーケットで見つけたもの

P1000892先日、都立木場公園に出かけたときのこと。帰り際、フリーマーケットが開かれていたので、少し足を停めて陳列を眺めていました。息子と娘はポケモンカードに夢中なので、私も一緒に好きなキャラクターがあるか探していました。そのときです。見慣れた品物を発見したのです。そう、Bトレです。『映画撮影用特別編成列車』があったのです。間違いない、茶色のゴハチの商品の箱でした。私は、息子のポケモンカードを購入する際に、このBトレも購入しました。なんと、700円也! なんという、特価でしょう。これも、フリマならではのこと。私は感動しました。既に、同じ品物をヨドバシ・アキバで購入していましたが、ついつい手に入れてしまいました。この値段で購入することは、よほどのことでなければ難しいと感じました。

P1000890このゴハチ、ついつい先日手に入れたばかりのカププラのゴハチと見比べてしまいます。私には、カププラのゴハチをNゲージの足回りを履かせて、パイク上を走らせるという大きな(?)夢があるのです。それを実現するためには、まずはBトレのゴハチの足回りをしっかりと研究(するほどもないと思いますが)しておく必要があると思いました。カププラよりもリアルなディテールは、大いに参考になります。

P1000891それにしても、今回のフリマ、感動しました。特価での販売、またやってください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月 8日 (月)

暑い10月の日

P1000888先日、都立木場公園へ。実に、ゴールデンウィーク以来の来園であります。木場ミドリアムと名づけられた公園管理事務所を横目に、緑の広場でビニールシートを広げて、いざボール遊び。この日の陽気は9月下旬並み。25度くらいあるだろうか。少し動くと、汗ばむ陽気。その後、昼食タイム。おにぎりを頬張る。

P1000887周囲には、凧揚げ、バトミントンやら、家族連れのレジャーの姿が見える。我が家は、サッカーやらなにやらで疲れ果てた。昼過ぎからは、さらに人の姿が多くなった。都会にも、こんなに広い自然が残されているから驚きだ。時折、美しい蝶が飛んでいる姿も見えた。

P1000886帰る途中、フリーマーケットが開かれていたので、少々立ち寄り。涼しくなる前に帰途へついたのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Part3を購入

P1000896 先日、Bトレインショーティーのすべて3を購入。既に、このシリーズも3冊目。全て購入しているのです。Bトレが登場してから、それだけ年月が経ったということでしょう。中身も充実しており、Bトレの発展の歴史が込められています。Bトレの解説本として、おっぺけぺーな私にとってはとても貴重な先生のような存在なのであります。

P1000895 また、今宵も、枕元でこの本を見ながら、寝入るのが遅くなってしまいそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月 1日 (月)

そう、ホテル三日月なのです。

P1000859外房方面へ車を走らせて着いたところ、その目的地とはホテル三日月なのです。実は1月にも木更津の竜宮城に日帰りでやってきたのですが、今回は宿泊です。あの感動が忘れられなくて、でも泊まりもいいかなっていうことで今回は思い切って泊まることに。

P1000862朝早く起きて東京を出て、着いたのは既に11時過ぎ。早いお昼を済ませ、先に向かったのはスパ。チェックインの前にスパで少し残暑の気分を味わう。室内のプールは南洋ジャングル風。少し温い水なので、体を動かとちょうどいい温度に感じる。一方、外は南欧風のオーシャンビュー。真水のプールと適温のお湯もあって、水着を着たままの露天風呂気分だ。

P1000863P1000856さて、15時にチェックイン。宿泊は新館の8階。昭和天皇も泊まったというですよ。雅な装飾も所々に見られる。目の前は海が広がる。少し耳をすませば波しぶきも聞こえてくるのだ。

P1000857ごろごろしていても時間がもったいないので、さっそく温泉に浸かってくることにした。温泉には、あの「黄金風呂」もあった。何かと話題の風呂もあれば、オーシャンビューの大浴場と露天風呂が。ついつい息子と2人で長湯をしてしまったようだった。

P1000864風呂上りには麦茶のサービスを受けて、部屋へ戻ったあとは、お楽しみのディナーバイキングへ。和洋中なんでもありの食べ放題。子供にも喜ばれる料理ばかり。本当に来てよかったと思ったしだい。

P1000858時間を忘れてしまうほど楽しかったこの夜。また今度そんなに遠くない日に来たいと思った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

外房の海をめざして

P1000866鴨川シーワールドへ行ったのには、実は別の目的があったから。その目的地は外房の海の目の前の場所。でも、海水浴が目的ではない。もう既にそのシーズンは終わっているし。残暑の中、朝早く東京を出て車を走らせた。

P1000861約3時間ほど走って着いたところは、安房小湊。目の前に広い海が広がる。目的地の近くに着いたのはいいけど、少し時間が早い。まぁ、先にお昼を済まそうということで、ラーメン「タロー」に入店。家族でラーメンと餃子をすすったのだった。

P1000860この日も暑かったのです。残暑でしたね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »