« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2007年9月

2007年9月30日 (日)

鴨川シーワールド!

P1000868 家族で鴨川シーワールドへやって来た。息子と娘を連れてくるのは実は初めて。自身も10数年は来ていないのではないだろうか。夏の陽気が終わらないこの日、到着したときには既に多くのお客さんが。第2駐車場へ停める羽目に。

P1000874 P1000870 日高屋の大盛無料券についている割引券で入場する。目の前に広がる太平洋。波は少し荒め。水しぶきが小雨のように舞う。さて、わが家の目指すところは鯱ショー。会場には多くのお客さんが。何とか席を確保したのだが、プールの目の前。鯱が飛び跳ねるとモロに水をかぶってしまうのだそうな。しょうがなく後方の席を何とか確保。ただし、この選択がいずれよかったのだ。

P1000873いざ、ショーがスタート。大きな体にもかかわらず、器用に水の中を泳ぐシャチ。とてもよく調教されていて、お客さんの気持ちもわかっているようだ。プールの水が揺れる。前列のお客さんはビショビショ。後ろの席に移ってよかったとつくづく思った。水しぶきがあがって客席に水が飛ぶと客席も沸く。その繰り返しで、15分のショーは終わった。

P1000872 P1000869その後、アシカショー、イルカショーを立て続けに見学。いずれもコミカルで美しい泳ぎにため息。最後に、この日2回目の鯱ショーを見学。最初に恐る恐る席をとって見たのとは大違い。2度目は安心して見られた。

P1000867 鯱の泳ぎに感動した家族は、一路、東京へ向かうのだった。帰る頃には、にわか雨が降り始めていた。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

陽が短く感じられるようになりました。

P1000884 暑さ寒さも彼岸まで。ようやく陽が短くなってきたなと感じてきたこのごろ。それにしても暑かった夏。灼熱だった夏も終わった。今年こそは、やれやれだと思った。いや~ぁっ、暑かったこと。

P1000883ビルから見える夕陽も日に日に低く感じられるのは決して気のせいではない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お久しぶりでございます。

P1000876 P1000877 久しぶりにやってきたところは、青梅交通公園。久しくこの場所に来ていない。といっても、春に来ているので決して遠い昔のことではない。息子が自転車を自由に乗り回せることができ、かつ交通ルールを体で学ぶことができるので、とても便利な場所。ただし、都内からやってくるのは少し時間がかかります。

P1000878_2私のお目当ては、交通公園内に敷かれた線路を見ること。ここには、自転車専用コースに遮断機のない踏切があるのだ。線路はパイクのように美しく曲線を描いている。決して実車が走行できる線路ではないのだが、わざわざ公園内に敷設したことは素晴らしいことだ。そんな私のことを気にすることなく自転車を乗り回す息子がいた。

P1000879 雨上がりの翌日の公園は、少し肌寒かった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ストラップをいただきました

P1000885 ココログのストラップ3本を懸賞でいただきました。深謝!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月24日 (月)

試行錯誤か、単なる思いつきか

しばらくページのアップを怠っておりまして、大変失礼いたしました。あまりの夏の暑さにおっぺけぺーな私もどうかしてしまったようです。お詫びにもなりませんが、今回はカメラつき携帯電話の写真ではなく、デジタルビデオカメラの静止画で記事をご紹介します。

Pic_0048 この夏、カププラにハマってしまいまして、いろいろと手に入れる機会がありました。特に、ここ最近では、EF5861なのであります。この茶色いゴハチ、とても愛嬌のある顔立ちをしておりまして、短くなってもゴハチらしさを失わないシルエットがとても美しいです。Bトレにはない、とても玩具っぽいところが素晴らしいのです。

Pic_0047 何度か私のこのココログページの中でも取り上げてきましたが、なんとかしてこのカププラたちをNゲージの線路上を走らせたいと思っているのであります。そう、Bトレ専用レールの上なんかを走った日には、感動しますよ。でも、おっぺけぺーな私の稚拙なアイデアではいかんともしがたいのでありますが、とにかく走らせるためには相応の足回りが必要となるのであります。

Pic_0039 そこで、いくつかそれに見合うものを見つけ出そうとしたのですが。Bトレシリーズの足回りですと長すぎますし、かといってKATOポケットラインの足回りですとBトレシリーズの機関車とあまり違いがありませんので面白味に欠けます。とは言うものの、特徴を出そうとしますとどうしても限られてしまいます。

Pic_0037 Pic_0043 杉山模型製の足尾のフォード、津川のDLシリーズ、ワールド工芸の銚子電鉄デキ3。どれもカププラのゴハチには短すぎますかね。しかも、これらの車輌、それなりの値段をした商品。少ない小遣いから捻出して涙を流しつつ(?)購入したものですから、足回りを流用するのは少々もったいないところ。でも、他にあまり見当たりません。キャラメルNさんの品物はしばらく先の販売のようですし。

Pic_0050 さて、どうしましょうか。足回りだけを購入するなんぞという機会はあるのでしょうか。この愛らしいゴハチの顔をご覧ください。言い出したはいいものの、彼(?)をパイク上で走らせる足回りを探す旅は長そうですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月 1日 (土)

灼熱の夏(息子にせがまれて来たものの・・・)

P1000842誕生日だからということで、息子に連れてこさせられた場所があった。とても混雑して行列もできていたので、車を停めているあいだに先に目的地の行列に並んでいてもらっていたのだが、この日は駄目だった。何しろ、とても人気のある場所だったから。

P1000853結局、なかなか中に入ることができず、来場者の中で誕生日を迎えたこども向けのプレゼントをもらって退散した。それにしてもこの日もとても暑かった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

灼熱の夏(お誕生会・その2)

先日は合同で姪っ子と息子のための誕生会をやった。

P1000844この日は息子のために、ささやかながらも、我が家一家での誕生会。ケーキを買ってきてローソクに火を灯したのだった。ケーキなんぞどうでもよい、というわけでもないが、ローソクの火を消すことが楽しいようだった。健康なことが一番の幸せだ。

P1000843 来年もこうして迎えられますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »