« おっぺけぺーなコレクション(パイクに似合う(?)車輌たち その1) | トップページ | おっぺけぺーなコレクション(二つのデキ3) »

2007年7月22日 (日)

おっぺけぺーなコレクション(パイクに似合う(?)車輌たち その2)

今回も引き続き、おっぺけぺーな私のコレクションの中から、パイクに似合う(?)車輌をご紹介します。今回は、4種類です。

P1000715

最初は、津川洋行の「北陸重機製作所製5トンDL」です。この車輌は、HOナローのスケールですが、このBトレ用の線路の上でも全く支障ない大きさです。HOスケールとは思えない大きさに驚きます。小さい割にも安定感があって、低速走行もナローらしく、ゆっくりと動きます。ナローはパイクにとても適していると感じますが、この車輌がそれを特にそう感じさせてくれます。一般的にHOナローの完成品はNゲージと比較しても決して安価ではなく、購入するのに勇気がいるのですが、同社の製品はとてもお手頃で手に入りやすいと感じました。 付属品など、まだ装着させておりませんので、姿はこんな感じです。

P1000714

P10007132両目、3両目は、同時にお見せします。いずれも、ワールド工芸の「銚子電鉄デキ3」です。黒い車輌がNスケール、ツートンカラーの車輌がTT9スケール(1/120の9㎜)です。いずれも、3年前に完成品として購入しました。いまやもう、手に入りにくいのですかね。この車輌を初めて見たとき、正直にどこに動力が入っているのだろうかと疑いました。 でも、しっかりと走ります。小気味よいスピードが出ます。前記の津川製DLが低速と呼べるなら、こちらのデキは高速の部類に入ります。少しカーブがきついレールの上を走ると、転倒してしまいがちなのがまた可愛らしいですね。

P1000712

そして、最後は杉山模型の「足尾のフォード」です。先日のJNMAフェスティバルで購入した真っ赤な車輌は実は2両目。既に緑色の車輌は以前から持っておりました。ついつい赤い車輌も可愛らしいので買ってしまいましたが、私が最初に手に入れた記念すべき「フォード」はこの緑色。もったいなくてあまり走らせることをしていないのですが、これからは時折手元に出して顔を見てみることにいたします。

P1000710

2両並べてみるとこのとおり、とても可愛らしい「重連風」。2両目が手に入ったことで、私のコレクションが充実してきた感じがします。

|

« おっぺけぺーなコレクション(パイクに似合う(?)車輌たち その1) | トップページ | おっぺけぺーなコレクション(二つのデキ3) »

「鉄道模型」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/13529/7228630

この記事へのトラックバック一覧です: おっぺけぺーなコレクション(パイクに似合う(?)車輌たち その2):

« おっぺけぺーなコレクション(パイクに似合う(?)車輌たち その1) | トップページ | おっぺけぺーなコレクション(二つのデキ3) »