« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2006年12月

2006年12月31日 (日)

おっぺけぺーな私の年の瀬『お疲れ様会』へ

P10003331年も無事に終えられそうで、かつ、私も年始より新天地へ転職することが決まったことから、12月30日の夜、我が家恒例の『お疲れ様会』に出かけた。場所は、近所の『牛角』。 このお店に家族全員で来るのは実に半年ぶり。

P1000332何か豪勢なご馳走というよりも、家族が無事に年の瀬を迎えられたことに感謝をこめての、ささやかな外食なのだ。それでもこどもたちは大喜び。牛角ロースを何皿も注文しては頬張っては雄叫びをあげている。

それにしてもこの日は寒かった。これが普通の冬の気候だ。焼肉の七輪の熱と辛いタレのお陰で、体の芯から温まった。

おっぺけぺーな私のページをご覧いただいだみなさん、ありがとうございました。年内の更新はこれで最後になりそうです。良いお年を!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本当に最後(さようなら、オバちゃん)

12月29日が会社の御用納めだったにもかかわらず、自分の机の周りがまだ未整頓だったので、30日の午前中、上司から特別に許可を得て会社に入れさせてもらうことになった。

この日から既に年末年始休暇に入っているため、会社はひっそり。前日に出た粗大ごみの搬出と納会で出た大量のごみの回収のために、清掃員だけが社内にいた。自分の身の回りの整理がついて、社章、ビルの入館カードをデスクに置いたら、これで本当に終了。この場に自分が座ることはもうない。

最後に、清掃員に挨拶。ベテランのオバちゃんはとても元気でよく働く人。社員からの信頼も厚かった。別れ際に握手をしたら、オバちゃんが涙を流して抱きついてきた。これには、おっぺーけぺーな私も感動した。

本当にさようなら、そしてお元気で。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

御用納めは29日。お世話になりました。

12月29日の金曜日は、年内の最後の営業日。つまり、御用納めってこと。

この日は午前中から大掃除を始め、午後は納会の準備。15時半に幹部が集まり、社長の訓辞を受けた後に乾杯、16時過ぎに会場撤収。その後は、1月5日に開催される年頭式の準備をして順次所属部署へ戻る。これで、全ての業務は終了。それは、・・・。

さて、おっぺーけぺーな私は、12月31日付けで今勤務している会社を退職することとなりました。これまで、会社でお世話になった方々に対し、心よりお礼申し上げます。なお、年始1月1日付で新しい会社に採用されることが決まっており、1月5日より新天地での勤務開始となります。

なお、おっぺけぺーな私が開設する「おっぺけぺーな私です。」のココログページは、継続しますので、引き続き、よろしくお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

メリークリスマス、サンタさんがやって来た!

P1000312P100031312月23日の天皇誕生日の昼間、妻のご両親より、子供たちに大きなプレゼントをいただいた。感謝感激。子供たちの喜びようは、そりゃとてもとても。息子には轟轟戦隊ボウケンジャーの大型ロボット、ダイボイジャー。娘にはアンパンマンのドラム。2人とも開封とともにご飯もとらずに大はしゃぎ。

その日の夜、サンタクロースが家にやって来た。ちょっと一日早いけど、こどもたちは大喜び。お菓子を置いて帰っていった。

P1000334さて、12月24日のクリスマスイブには、みんなでケーキを正味。ご近所からいただいたものだが、有名なホテルのケーキ。イチゴがたっぷり、とてもおいしかった。これにも感激。

P1000315さて、枕元の靴下にはちゃんとサンタさんがプレゼントを入れてくれるだろか。そう願って、こどもたちは就寝。どんな夢を見ているだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月25日 (月)

師走の風景(山里の朝)

P1000311金曜の夜から出かける用事があった。山里で迎えた朝はとても寒く、霜が降りていた。とても冷え込んでいたようだ。強い朝日に照らされた古民家は、その光を真正面から受け、美しく輝いていた。

P1000310自動車の屋根にもこのとおり、霜が降りている。やかんのお湯で窓の霜を落としてから出発した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

師走の風景(御茶ノ水界隈)

P100030512月の日曜日、御茶ノ水界隈へ出かける用事があった。平日は人が多いであろうJR御茶ノ水駅を降りて、とちのき通りをアテネ・フランセ方面へ歩く。街中に人影が少なく、ひっそりと静まり返っている。冬の寒い季節の中、とても淋しい限り。 物悲しさのような印象を受けた。風がとても冷たく感じるのだ。

P1000308P1000309女坂を下りて、猿楽町方面へ。美しい教会を横目に見て、白山通りを目指す。交差点の右手に、研数学館の校舎が。道路を渡ってよくみてみると、研数学館としての校舎はではなく、文化学院の仮校舎として使用されていた。文化学院は、神田駿河台にもともと校舎があるが、新校舎に建て直し中だ。 

P1000307用事を済ませて、また御茶ノ水駅方面へ歩く。JR水道橋駅と御茶ノ水駅のあいだに沿って走る道路の坂を歩いて御茶ノ水駅方面へ向かった。この坂のことを「さいかち坂」というのだそうな。ずいぶんと難しい名前の植物だ。

P1000306あたりはひっそりと静まりかえり、自動車や電車の走る音だけが響いていた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月24日 (日)

師走の風景(東京ディズニーランドへ その③)

P1000299やれやれ、ポップコーンを買うために並んでいたお陰で、イッツ・ア・スモールワールドに私と娘だけが乗れなかった。せっかく、家族が並んでくれていたのに、合流できなかった。残念。まぁ、娘は眠ってしまっていたから、乗っても楽しくはなかっただろうけど。それでも、初めての経験だ。それだけ混雑しているってこと。

この日は、トイレへ並ぶのも大変だった。特に女性は大変。子連れで並んでしまったら、もう目の前真っ白ってところか。

さて、プーさんのハニーハントのファストパスチケットを朝の時点でもらっていたので、すんなりと入場。でも、15時近い時間でようやく入場となった。少し目が回りそうなアトラクションだけど、こどもたちは大喜びだ。

P1000298P1000300外を出ると、パレードを待つ人の波が少しずつ大きくなっているのが分かる。辺りは少しずつ暗くなってきた。しかも、日差しが少なくなった分だけ寒く感じる。それでも、これだけの多くのお客さんがパレードを待っているのだ。

P1000296P1000297スタージェットの近くで待機。我が家の一行が陣取ったところには、16時を少し回ったところで音が聞こえてきた。少しずつ音が大きくなってくる。パレードの山車が近づいていることを感じさせる瞬間だ。見えたぞ、山車が!

P1000295P1000294次々と通過する山車にお客さんが手を振っている。キャラクターも手を振り返している。子供たちは必死に声をあげている。大人でも時間を忘れてしまうほど酔いしれる。この日一日の疲れが少しばかり和らぐほど楽しいひととき。

P1000293クリスマスが近いので、クリスマスを意識したパレードだった。混雑する前に、そそくさと一行は退園。これから、都内までみんなで帰ります。やれやれ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

師走の風景(東京ディズニーランドへ その②)

P10002902度目のグランドサーキット・レールウェイを降りてから、一行と昼食で合流。ちょうど11時を過ぎたあたり。お昼ごはんには少し早いけど、この日は朝が早かったから、遅めの朝食を兼ねた昼食といったところ。昼食の場所は、ハングリーベア・レストラン。ここはカレーライスで有名。

大行列が並んでいたが、家族一行が既に並んで待ってくれていたお陰で、すんなり着席。人気のポークカツカレーを賞味。おいしい!

P1000287食事のあとは、レストラン近くのウェスタンランドへ。時間帯は、ちょうど正午の少し前。蒸気船マークトゥェイン号に乗るために船着場へ向かう。一周約15分の船旅だ。船はアメリカ河に沿ってトムソーヤ島を巡る。周りをウェスタンリバー鉄道が走っている。

P1000285P1000286蒸気船を降りてから、あれこれと考えてみても、どのアトラクションも大行列。こどもたちは、トムソーヤ島に渡りたいと言うのだ。島へ渡る手段はトムソーヤ島いかだのみ。いかだに乗って出発。島へは2分程の短い船旅。間もなく到着。

P1000283_1P1000284島の中は、これまた子供が喜ぶアトラクションがいっぱい。何か行列を作るまでもない設備ばかりなのだが、これには大人も安心できる。

P1000303P1000302山を越えたり、樽橋を渡ったり、こどもたちは大はしゃぎ。島からは、蒸気船マークトゥェイン号の姿や、対岸の山を見ることができる。これまで何度も東京ディズニーランドを訪れたことがあるが、このトムソーヤ島に渡ったのは今回が初めて。 時間を忘れて遊んでしまいそうな場所だ。

P1000301さて、この日は実はポップコーンを買うにも行列ができていた。イッツ・ア・スモールワールドに一行が並んでいるあいだ、私は眠り込んでしまった娘をベビーカーに乗せながら、ポップコーン売り場に並ぶ。これがまた大行列。大行列はとめどなく続き、一行に合流できないまま、私はイッツ・ア・スモールワールドをあきらめることになった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

師走の風景(東京ディズニーランドへ)

P100027912月の土曜日、息子の幼稚園のおともだちのご一家と我が家一行で、東京ディズニーランドへでかけた。そりゃ、混んでたのなんのって。

入場口に9時前に並んだにもかかわらず、チケット売り場よりも、入場するのに時間がかかった。プーさんのハニーハントのファストパスをとるにも相当の時間がかかったのだ。長いあいだ行列に並んで待つのは子供にも飽きられてしまうので、ここで少々別行動。

私と息子、息子のお友達と3人でグランドサーキット・レールウェイへ並ぶ。このアトラクションは人の流れが他よりもスムーズ。大人1人と就学前園児2名で乗車。

別行動で並んでもらったプーさんのハニーハントのファストパスはなんと、14時15分から15時15分のあいだ。朝あんなに早く家を出てここまで来たというのに、何という混雑ぶりか。また一緒に行動して、今度はトゥーンタウンへ。

P1000278この中でも年齢に制限のあるアトラクションもあるので、また少々別行動。トゥーンタウンの中で別れた。ガジェットのゴーコースターに息子と乗る。一体、こんな乗り物、何年ぶりか。どんぐりの形をしているかわいいコースターなのだが、動きはジェットコースター並み。少々、驚いた。よく小さい子供も我慢できたと思った。

P1000276やれやれ、ますます混雑してきた。またまた別行動。息子がまたグランドサーキット・レールウェイへ行きたいと言ってきた。他のアトラクションに並んでも時間がかかるし、飽きてしまわれても困るので、再度並んだ。この時点で10時半を回っていた。

P1000277P1000275案の定、ここは流れが速い。ものすごい行列なのだが、人がどんどん進んでいくのだ。子供も楽しんでいるし、まぁ、いいか。今度は2人での乗車となった。ステアリングを握る息子、アクセルを踏むのは私。スタアリング操作を誤っても、レール上から脱線することはないので安全。前後を間近に走る車輌はない。接近すると自動的に止まってしまうので、車間が開いているほうが走りやすいのだ。

P1000274P1000273途中、何度かガタガタしながらようやくゴール。もう11時を過ぎた。別行動をとっている家族からは、食事に向かう旨、メールが入った。これから合流だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月23日 (土)

師走の風景(駅前のクリスマスツリー)

P1000281忘年会がほとんど毎晩続いている。この日も、職場から少し離れた駅の前で人と待ち合わせ。美しいクリスマスのイルミネーションも、帰るときには目もうつろで、はっきりとは見えないだろう。胃がおかしくなるほどのハイペース、今年の師走は。

さて、今夜も乾杯! また翌週も忘年会は続く。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

師走の風景(餅つき)

P1000282近所の町会で餅つきがあった。町会をあげての師走の行事らしいのだ。

大人から小さい子供、おじいさんやおばあさんまで、町内の道のど真ん中に長テーブルを並べて、みんなで頬張った。寒い日だったけれども、前の日の雨が嘘のように日差しが強く、勢い良く食べていると、少し汗ばむ陽気だ。たくさんの人と一緒に食べれたことは、とても楽しかった。

大根おろしをまぶした餅は最高!こどもたちは、きなこを好んで食べている。私は、お雑煮をおかわりした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月18日 (月)

大井・内田博幸騎手、年間最多勝記録更新!地方競馬が熱い!

内田博幸騎手(大井)がやった。日本人の騎手として、年間の最多勝記録を40年ぶりに更新。12月18日の浦和競馬で、今年に入ってからの勝利を506勝(地方445勝、JRA61勝)とした。あの、鉄人・佐々木竹見騎手(川崎、2001年7月に引退)が1966年に記録した大記録を塗り替えたのだから、そりゃ素晴らしいの一言。佐々木竹見騎手が記録した年間505勝は当時の世界記録。日本では40年間破られない大記録だった。まだ十日以上今年も残っている。記録がどこまで伸びるか興味深い。

内田騎手は、有馬記念では、ドリームパスポート号に騎乗することがほぼ決まっている。同馬は、あの二冠馬メイショウサムソン号を神戸新聞杯で破ったライバルの馬。今回も、内田騎手との鞍上となれば、台風の目になること間違いなし。三冠馬ディープインパクト号の引退レースでも好敵手となるだろう。

それにしても、この12月に入ってから地方競馬が熱い。川原正一騎手(兵庫)が地方競馬通算3,000勝、鈴木勝堤騎手(ばんえい)が2,000勝、吉田稔騎手(愛知)が地方競馬通算2,000勝をそれぞれ達成。いずれも大金字塔だ。川原、吉田の両騎手は中央でもお馴染み。川原騎手は1997年にJRAのWSJSに地方競馬代表(当時は笠松所属)として出場して、見事に総合優勝、吉田騎手はJRAでも重賞4勝を挙げている名ジョッキー。

先日、帯広市がばんえい競馬を単独で開催していくことを正式に表明。ここのところ地方競馬の情報が絶えない。有馬記念には北海道の雄、コスモバルクも参戦を表明している。私は地方競馬をこれからも応援したい。がんばれ、地方競馬!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月17日 (日)

内田博幸騎手(大井)500勝達成!

大井競馬所属の内田博幸騎手が、12月13日に年間500勝を達成した。地方439勝、中央61勝と中央騎乗の勝利が目立つが、素晴らしい記録だ。昨年は496勝止まりだったのを早くも12月の半ば時点で更新。まだ2週間以上あるこの時期にこの記録は素晴らしい。

内田騎手、実はとても遅咲き。まだ通算3000勝には至っていない。これまで、南関東は船橋の石崎隆之騎手(通算勝利歴代2位、現役1位)、大井の的場文男騎手(歴代3位、現役2位)の2名の活躍の場が多く、内田騎手は2人の大騎手の影に隠れた存在に見えた。それが、ここ数年の大活躍は素晴らしい。

日本記録は『川崎の鉄人』こと、佐々木竹見騎手(2001年7月に引退)が1966年に残した年間505勝。当時の世界記録として伝説化されている。鉄人・佐々木は、輝かしい記録を残した偉人として、今も日本の競馬騎手にとってはあこがれの存在でもある。

その記録を40年ぶりに塗り替えようとしている内田騎手も、まさに鉄人に近い存在だ。がんばれ、内田騎手、『大井の鉄人』になれ!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

師走の風景(冷たい雨)

P100026512月も半ばに近づく土曜日、朝から冷たい雨が降っていた。

風邪気味の子供たちを医者に連れていくため、急いで車に乗り込んだ。車の中もとても寒い。昼近くなっても、外の気温はたったの5度。車が感じる外気の気温だけど、それにしても寒いよ。今年の冬の中では最も寒い気温のようだ。

P1000269ちょっと待て。といっても、平年並みの気温に慣れてさえいれば、べつに外気が5度くらいどうってことないはずだ。今年は体が暖冬に慣れてしまってことがいけないのだ。平年よりも暖かい冬に甘えている自分の体がいけないんだよ。きっと。

P1000270診察に行っている妻と子供たちを車の中で待っているあいだ、そんなことを気にしているうちにいつのまにやら小雨になってきた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

晴天下での早明戦

P1000261先日、信濃町まで出かけたその日の目的は、実は国立競技場で行なわれる、早稲田大学 VS 明治大学の関東大学ラグビーの試合を見ることだ。いわゆる『早明戦』というやつです。毎年、12月最初の日曜日に両校が国立競技場で対戦することになっている。

P1000260実は、毎年のこの試合には、必ず見にくることにしている。平成3年から連続で見にきているから、今年でちょうど16年連続ということになる。若い学生さんを周囲にみながら、サラリーマンも学生の勇姿を見て声高に応援する。

P1000259結果は、早稲田の圧勝。ポカポカ陽気の下で熱い試合が行なわれていた。実は2000年の試合から、早稲田が7年連続で明治に勝っている。ここ数年は早稲田が優位だが、90年代は明治が圧倒的に強かった。これで平成3年から16年間を比べてみると、両校8勝8敗の五分だ。

試合が終わり家路に向かう頃には、少しずつ日が落ちて寒くなってきた。さて、来年も見にくることになるだろう。当然だ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

師走の風景(久しぶりの記事投稿です)

P1000263久しぶりの記事投稿。ちょうど3週間も空いてしまいました。このブログをご覧になっておられる方がどれだけいらっしゃるか知りませんが、お待ちになった方には申し訳ない気持ちで一杯です。

さて、先日、用事があって信濃町まで出かけた。信濃町駅を降りて驚いた。師走というのに、なんて陽気がいいのだろう。天候のよさに驚いた。いつも、この時期、こんなに暖かかっただろうか。

P1000262例年並みと言われると、何となく凍える寒さのように感じてしまう。それだけ、今年の冬の陽気は暖かいのだ。日陰はそれなりに寒いが、日向はポカポカ陽気。

P1000264冬なのに凍える寒さを感じることが少ないのは寒がりの人にはいいことかもしれないが、地球温暖化の前兆といわれてしまうと恐ろしいことだ。そんなことを気にすることなく、駅から歩道橋を渡って目的地を目指した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »