« My パイク その5(Nゲージ) 玉手箱 | トップページ | 青梅産業観光まつりの帰り。疲れたのなんの。 »

2006年11月 5日 (日)

青梅産業観光まつりへ行く。

P100021111月4日の土曜日。またまた青梅へやって来た。今回は、「青梅産業観光まつり」が目的。家族4人全員でのお出かけとなった。

会場のある永山公園は実はいつも来る青梅鉄道公園とは目と鼻の先。しかしながら、今日は主たる目的がお祭りなのだ。

さて、開会が朝10時というから、それに間に合うように早く出かけた。会場近くの青梅1小のグラウンドを目指す。しかし、これが裏目に出た。既に10時より少し前に満車となってしまったようなのだ。仕方なく、別の駐車場を探す羽目に。結局、会場から1キロ半以上も離れた青梅市役所に駐車。ここから、会場まで無料送迎バスを使う。

市役所の駐車場は通常の週末だと料金を取られるのだそうだが、この日はお祭りの駐車場にも使用されるということで終日無料。

何とか駐車場を確保。しかし、バスは30分に1本の頻度。ついさっき出てしまったようだ。それにしても、既にバスを待つ人の列が。1度の便で待っている全員のお客さんが乗れないほどだ。もう少し配慮したバスの本数、台数を用意してほしかった。案の定、バスは満席。立っている人も窮屈そうな状態で出発となった。

会場近くの送迎バス終点まで約15分の乗車。これがまた窮屈だからつらいの何の。我が家は全員着席していたからいいけど、立っている人はもっとつらいだろう。

やがて到着。バスを降りる。そこは、青梅鉄道公園のすぐ裏手の駐車場。ここから少し坂を登ってまた下る。小さい子供を連れている我が家にはつらい距離。帰りも確実に乗れるという保障はなさそうだ。この混雑なら。

歩いて5分ほどで会場となる永山公園に到着。最寄の青梅1小の臨時駐車場近くを通りかかってから既に1時間近くたって、やれやれという感じ。既に疲れている。

こどもたちの第1のお目当ては、11時からの仮面ライダー・カブトのショーだ。舞台前の広場には既に立見も出ている盛況ぶり。駐車場にさえ早く停めていられれば、こんな混雑に巻き込まれる前に到着できていたのに。悔やまれる。娘を妻が、息子を私がショーの終始抱っこして見せる。ショーは約30分で終了。その後握手会で列に並んだ。

P1000210既に正午近く。もう疲れてしまった。いろいろな子供向けのアトラクションや、地域産業振興のための展示、出店が多い。こんな青梅の山の上に、これほどの人が集まるとは想像できなかった。鉄道公園に来る日にはこのような人だかりを見たことがなかったので、これは驚いた。

P1000209P1000208一服をしつつ、そろそろ昼食にしようと辺りを見回した。でも、出店にも長蛇の列が。さて、どうしようか。我が家は、この後、悩むことになった。(続く)

|

« My パイク その5(Nゲージ) 玉手箱 | トップページ | 青梅産業観光まつりの帰り。疲れたのなんの。 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/13529/4077628

この記事へのトラックバック一覧です: 青梅産業観光まつりへ行く。:

« My パイク その5(Nゲージ) 玉手箱 | トップページ | 青梅産業観光まつりの帰り。疲れたのなんの。 »