« がんばれ、銚子電鉄! | トップページ | 上級救命再講習へ行く。 »

2006年11月25日 (土)

青梅宿アートフェスティバル2006へ

P1000235_1P100023911月18日の土曜日、青梅宿アートフェスティバル2006へ息子を連れてやって来た。青梅を訪れるのは、11月初旬の連休に「青梅産業観光まつり」を目的に訪れて以来。そう、たった2週間ぶりなのだ。

P1000243とはいっても、その日の午前中は息子の幼稚園が半日保育であったので、午後からの参上。市街地には駐車できないことが推測できたので、敢えて迂回をして会場を目指した。少しばかり東青梅の踏み切りで停止。程なくして201系電車が通りすぎた。

P1000242踏切をわたり、青梅鉄道公園の裏手に出る道を目指す。そう、裏手につながる道は前回の青梅産業観光まつりで無料送迎バスが登っていった道と同じだ。

鉄道公園を過ぎて、先日の産業観光まつりの会場であった永山公園の駐車場へ無事到着。ここからなら、会場までは歩いてもそんなにかからない。

P1000240P1000241青梅は少し都内よりも寒い感じがしたが、多くのお客さんで賑わっている。驚いたことに、歩行者天国ではないのだ。 いかにも最近の青梅らしく、レトロな装飾がところどころに施されている。映画の看板などは特に目立つ。

P1000236駅前のビル3階で「青梅鉄道展」が開催されていた。当然立ち寄る。大きなレイアウトでの模型運転体験や記念写真撮影、写真展示などが行なわれていた。

P1000237P1000238青梅を出る頃には辺りも真っ暗。陽が短くなっていることが良く分かった。とても寒い。急いで家路へと向かった。また、来年も来ようかな。決めるのはまだ早いか。

|

« がんばれ、銚子電鉄! | トップページ | 上級救命再講習へ行く。 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/13529/4310127

この記事へのトラックバック一覧です: 青梅宿アートフェスティバル2006へ:

« がんばれ、銚子電鉄! | トップページ | 上級救命再講習へ行く。 »