« よみきかせの絵本 | トップページ | 残念!三冠馬ならず。 »

2006年10月16日 (月)

果たして、感想はどうかな?

先日購入した文庫本『涙そうそう』を読み終えた後に、会社の同僚2人に貸し出していたのがついこのあいだ返却された。その2人は映画も見に行ったそうな。感想を聞いたのだが、やはりギャップがあるようだ。映画には映画のよさがあるし、活字は活字のよさがある。両方を見た人には、その両方を結びつけるのに少々苦労したようだ。

実際、私はまだ映画を鑑賞していない。何となく文庫版から想像できてしまう結末が分かってしまうからだ。主演女優の長澤まさみはTVドラマやCMでますます活躍の場が増えてきた。彼女の姿をブラウン管で見ない日はないといってもいい。彼女の活躍を加速化させる今回の主演だったと思う。もちろん、見ていないから何ともいえないけれども。

さて、熱が少しずつさめた頃に、便利な場所でやっていれば見に行こうと思う。

|

« よみきかせの絵本 | トップページ | 残念!三冠馬ならず。 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/13529/3829407

この記事へのトラックバック一覧です: 果たして、感想はどうかな?:

« よみきかせの絵本 | トップページ | 残念!三冠馬ならず。 »