« 亀田興毅 判定で世界王座獲得 | トップページ | 江戸文化道場 »

2006年8月 6日 (日)

Myパイク 番外編その3

P1000145_5 久々の鉄道模型、パイクのご紹介。といっても、正確に言えば、というか、どう見ても鉄道模型ではない。ただし、何となく表現のしようによっては(苦しいか)。そう見えなくもない、なんちゃって。

日高屋のお子様セットで子供が選んだおもちゃがこれだった。以前、日高屋にキャラクターがあることを知った私は、とても驚いたのだ。今回もそう。キャラクターである「ひだかんくん」が乗る乗りものは、「ストライクヒダカン」くんなのだそうな。

P1000144_3カプセルプラレールのような大きさのレールの上を小気味よいスピードで駆け抜ける。ゼンマイ式のなので、いずれは停まってしまうが、よく考えたものだ。レールをつなぐと、Bトレの専用レールをつないだ円形よりも一回り小さい大きさ。このおもちゃがついて180円也。喝采。

|

« 亀田興毅 判定で世界王座獲得 | トップページ | 江戸文化道場 »

「鉄道模型」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/13529/2960114

この記事へのトラックバック一覧です: Myパイク 番外編その3:

« 亀田興毅 判定で世界王座獲得 | トップページ | 江戸文化道場 »