« やはり、青梅鉄道公園。最高! | トップページ | 大雨 »

2006年6月17日 (土)

雨の中の鳥越神社大祭

P1000086_2先週の日曜日。台東区の鳥越神社大祭を見に出かけた。

その日は朝からすごい雨。雨の音で目が覚めたのだ。天気予報ではこんなに雨が降るとは言っていなかったような気がしたので驚いた。雨がやむことを祈って祭りへ出かけることにした。

P1000092_5都営浅草線の蔵前駅方面より神社へ向かう。神社に近づくに連れて、氏子町会内で威勢のいい掛け声が聞こえてくる。町神輿が巡っている。こんな雨にもかかわらず、だよ。

P1000085_2P1000089_3それを横目にさらに西へ。神社へ向かって歩く。途中、台東区内巡回バス、めぐりんの停留所を通り過ぎる。

神社へ近づくにつれて、露店が並んでいる。雨のせいか、露店に群がるお客さんの数は少ない。なので、神社の境内へたどり着くのにそんなに苦労はなかった。むしろ、傘をさす人ごみを抜けるほうが大変だった。例年だと、もっと人がごったがえしているようだ。

P1000087_4境内へ到着。「文部大臣 鳩山一郎」の文字がある神社の碑が正面入り口右側にある。そのまま境内へと足を進めた。やはり、雨のせいか人は少ない。傘ばかりが目立つのだ。

大神輿はすでに氏子各町会を渡御していたようだ。境内にはもちろん見ることはできなかった。何とか一目だけでも神輿を見て帰りたいと思った。

P1000088すぐに露店街へ出て、息子のために露店を見て回る。やはり傘があるために歩きにくい。人数はそんなに気にするほどではないのだが。金魚すくいならぬ、人形すくいにチャレンジ。生き物ではないので、少々手荒でも問題ない。好きな人形を3つまで選んで持ち帰っていいのだ。昔よくやった金魚すくいとはわけが違う。子供に好かれそうなものだと思った。

P1000093P1000094さて、私は何とか大神輿を一目見たいのだが、神社周辺には見ることができなかった。子供を連れて雨の降る中、来た道を戻って大神輿をさがすことにした。

あちこちから、威勢のいい掛け声が聞こえてくるけれども、いずれもそれは各町会の町神輿だった。雨で足元も悪く、これ以上子供を連れまわしても風邪をひいてはいけないので、あきらめた。

P1000090_3P1000091帰途の中、めぐりんが私の前を通り過ぎていった。

残念。でも、また来年来ようと思う。

|

« やはり、青梅鉄道公園。最高! | トップページ | 大雨 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/13529/2251685

この記事へのトラックバック一覧です: 雨の中の鳥越神社大祭:

« やはり、青梅鉄道公園。最高! | トップページ | 大雨 »