« 道路工事 | トップページ | さようなら交通博物館 (その2) »

2006年4月21日 (金)

淋しい、文化学院校舎取り壊し

Photo_3神田駿河台にある、文化学院の校舎が老朽化により取り壊されることになったそうだ。学校創設1921年。最初に建てられた英国コテージ風の校舎は関東大震災で消失。今の校舎は1937年再建というから、70年近く親しまれてきた建物。戦中下でも建物が焼け落ちることなく、現在まで街の名所だった。 

Photo_2Photo_5蔦のからまる建物は街中で異彩を放つ。それがまた味がある。大小のビルが立ち並ぶ街中で特徴的だ。このように、街のシンボルともいうべき伝統的な建造物が姿を消していくことはとても淋しい。神田駿河台界隈では、明治大学記念館講堂が取り壊されたことも記憶に新しい。山の上ホテル本館は1936年というから、文化学院と同年代に立てられた貴重な建造物。ぜひ、後世にまで残ってほしい。

Photo_4文化学院校舎は5月より取り壊しが始まり、2007年末に竣工。2008年より、新校舎として生まれ変わる。

|

« 道路工事 | トップページ | さようなら交通博物館 (その2) »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ありがとう。

写真館『いとしの学舎』
http://www.rico.x0.com/bunka/gakuin.html

『文化学院を愛する会』
http://lovebunkagakuin.web.fc2.com/

投稿: ganta | 2006年4月21日 (金) 22時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/13529/1487667

この記事へのトラックバック一覧です: 淋しい、文化学院校舎取り壊し:

« 道路工事 | トップページ | さようなら交通博物館 (その2) »