« メジロマックイーン死亡 | トップページ | Myパイク 番外編その2 »

2006年4月 4日 (火)

Myパイク 番外編

Myパイクコレクション。これは番外編。

NN_1パイクというよりも、Bトレサイズの車輌の走行テストをしやすいコンパクトレイアウト。スケールはNゲージ。2年近く前に秋葉原の模型店で購入した。A4のクリアーケースの中に収容されている。

これも見ているだけで面白い。胸がワクワクしてくる。 開いてみるとこのとおり。パワーパックにつなぐとすぐに走らせることができる。草地に線路が敷かれ、レイアウトとしてはとてもシンプル。自分でレイアウトをアレンジできそうだし、工夫次第でいろいろな可能性が秘められている。

たとえば、トミーの対向式ホームセットの端と端をつないだ短いホームを置いても、このとおり。味が出ている。

N_2N_3このレイアウトも、Bトレのみならず、HOナローサイズもOK。足尾のフォード(杉山模型)、津川のDLも走った。シンプルなレイアウトには、南部縦貫鉄道のレールバス、キハ02、Cタイプ蒸気(いずれもトミー製)、Cタイプロコ(マイクロエース)の車輌も走るのには問題ないし、レイアウトにマッチしている。 架線柱はないので、電車、電機は不釣合いだが、銚子デキ(ワールド工芸)、Bトレ電機もきちんと走る。ちなみに、KATOのチビロコセットの車輌を3両連結して走らせることはできなかった。 トライしたが、カーブがきつく、連結器が外れてしまうのだ。

Photo_15dlいわずもがな、このレイアウトも我が家の子供には大受け。小さいメルヘンのような世界に、たびたび見ては酔いしれているようだ。小さいながらものんびりとした景色の中を、のんびりと走る小さな車輌を楽しそうに見ている子供の姿を見ていると、こちらも楽しくなってくるのだ。

Tomy10Tomy02 Kskc

|

« メジロマックイーン死亡 | トップページ | Myパイク 番外編その2 »

「鉄道模型」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/13529/1282853

この記事へのトラックバック一覧です: Myパイク 番外編:

« メジロマックイーン死亡 | トップページ | Myパイク 番外編その2 »