« Myパイク 番外編 | トップページ | ウルトラマンメビウス »

2006年4月 5日 (水)

Myパイク 番外編その2

またまた番外編。 今回は、正確に言えば、パイクでもNゲージでも鉄道模型でもない。

P1000089_1これは、昨年のクリスマスプレゼントとして、義父母よりわが娘にいただいたもの。運転手のコントロールで走行操作をできる仕組みだ。いわゆる玩具的なものだが、大人が見ていても面白い。直径30センチ足らずの小さな円盤状の中に、駅、橋、トンネル、踏切など、おもちゃにしておくのがもったいないほどのシーンが詰め込まれている。これは、まさにパイクといって問題ないだろう。そう思った。

運転操作で時計回りに車輌が動くのだが、スピード3段階、各ボタンの効果音が6種類。とても子供だけで楽しむものとは考えにくい演出。

P1000090_2動きは単純ではあるが、とてもセンセーショナルな印象をもった。

小さい子供だけが楽しむにはもったいない。大人の私にも楽しませてほしい。そう思った。

|

« Myパイク 番外編 | トップページ | ウルトラマンメビウス »

「鉄道模型」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/13529/1293816

この記事へのトラックバック一覧です: Myパイク 番外編その2:

« Myパイク 番外編 | トップページ | ウルトラマンメビウス »